【秋華賞 2017】過去10年の前走レース別に見る好走条件教えます

皆さん、こんにちわ、こんばんわ、メルです。

本日も秋華賞について考察をやっていきましょう。

 

週末はどうやら天気が悪く、京都競馬場は雨が降るかもしれませんね。

2017年10月11日 17時00分発表

日付
10月13日
(金)
10月14日
()
10月15日
()
10月16日
(月)
10月17日
(火)
10月18日
(水)
天気 曇時々雨
曇時々雨
曇時々雨
曇時々雨
曇時々雨
曇時々雨
曇時々雨
曇時々雨
曇り
曇り
曇り
曇り
気温(℃) 21
16
21
14
22
16
21
15
20
13
20
12
降水
確率(%)
60 60 70 60 40 40

 

これがどのように秋華賞の結果に影響してくるのか。

この辺りも重要になってきそうです。

ただでさえ難解なレースだったのにさらに難しくなった印象を受けます。(笑)

順番に『?』なファクターを潰していきましょう!

では、記事タイトル通り、さっそく考察していきましょう。

まずはローテ別に見る出走馬分析です。

最初の『?』に挑みましょう!

 

主要ローテであるローズSを考察

 

前走ローズS【7-8-4-58】

勝率   9.1%
連対率19.5%
複勝率24.7%

やはりローテ別に見るとここからが圧倒的です。

 

1着から確認してみましょう。

 

秋華賞馬になる為には

 

ミッキークイーン

メイショウマンボ

ジェンティルドンナ

アパパネ

レッドディザイア

ブラックエンブレム

ダイワスカーレット

 

上記7頭が前走ローズSからの秋華賞の勝ち馬になります。

まず、陣営が本気で秋華賞メイチで狙っていればこれは極々当たり前な内容ではないかと思います。

同騎乗 全頭クリア

予想通り全馬クリア。

 

さらに・・・

 

生産者
ノーザンファーム 4頭
社台ファーム   2頭
高昭牧場     1頭

過去ローズS組からの勝ち馬は7頭もいるのに内6頭が

社台

ノーザンファーム

 

【上記をクリアする今年の該当馬】

【生産・同騎乗】

アロンザモナ    【×・?】
カワキタエンカ   【×・×】
ハローユニコーン  【×・
ファンディーナ   【×・
ブラックスビーチ  【〇・×】
ブライトムーン   【×・
ミスパンテール   【×・?】
ミリッサ      【〇・〇】
メイショウオワラ  【×・?】
モズカッチャン   【×・
ラビットラン    【×・
リスグラシュー   【〇・〇】
レーヌミノル    【×・

 

2頭います

過去データに従うなら今年の秋華賞馬がローズSから出るなら

ミリッサ

リスグラシュー

全幅の信頼を置くわけではないですよ?

ただ過去の情報として知っていても損はしないと思います。

 

ちなみに同騎乗だけ該当馬も6いますね。

同騎乗【7-7-3-46】

馬券内好走馬が10頭います。

現時点では6頭にも好走チャンスはあると思います。

 

乗替り【0-1-1-12】

逆に乗替りは厳しいデータに。

 

2頭について軽くまとめてみます。

 

リラコサージュ 3着

過去に重賞での好走歴あり(フラワーC3着)
ローズSは馬体重+20キロで12番人気で叩き台が濃厚の中で凡走(18着)。
鞍上は松田ジョッキー。
秋華賞はしっかり絞って馬体重-12キロ。池添ジョッキーへの鞍上強化
ノーマークのまま虎視眈々といった感じ。
結果論ですがやはり何事にも好走要因はあります。

 

レインダンス  2着

こちらも過去に重賞での好走歴あり(チューリップ賞 3着  ローズS 3着)
元々主戦が武幸四郎ジョッキー(秋華賞での鞍上と同じ)
夏から出走し、しっかり作りながら徐々に状態を上げていく。
ローズSで鞍上強化(福永ジョッキー)3着に入選し、しっかり優先出走権を得る。
秋華賞で主戦に戻り、好走。

 

ただぼぉ~と2頭の過去レースを羅列するより文章にすると一気に分かりやすくなりませんか?(笑)
私はこちらの方がスッと頭に入るのでこれで行かせてください。

 

2頭を見てみて乗替りで少し今年の馬の中で似ている部分があるなと思う馬が1頭います。

 

カワキタエンカ

 

まだ広くとっておきたいので乗替りの例外候補として残したいと思います。

また上記2頭の内容を一応頭の片隅に入れておきましょう。

 

 

ふぅ。

 

皆さん、大丈夫ですか?
分かりづらいでしょうか?
出来るだけ私の頭の中での予想の仕方を文章に起こしているのですが・・・
文章にするのが下手なので、やはりセンスがでますね。(汗)

 

 

さてと、2・3着馬も見ていきましょうか。

 

 

2着・3着の好走の共通点

 

まず2~3着に好走した10頭

カイザーバル

クイーンズリング

ヌーヴォレコルト

タガノエトワール

ヴィルシーナ

キョウワジャンヌ

ホエールキャプチャ

アニメイトバイオ

ブロードストリート

ムードインディゴ

 

 

バッサリ行きますよ。

 

ローズS5着以内【0-7-3-13】※分かりやすく1着は省いています。

 

要は6着以下は大分厳しいデータになります。

ローズS6着以下【1-0-0-27】

 

こういうデータは被るものですね。
先ほどの1着候補2頭(リスグラ・ミリッサ)も当然のようにクリアしています。

※また先ほどの例外候補のカワキタエンカも無事ここをクリアしています。

 

上記での考察でワンチャンあった同騎乗のみ該当の6頭を見てみましょう。

ハローユニコーン  17着
ファンディーナ   6着
ブライトムーン   8着
モズカッチャ    7着
ラビットラン    1着
レーヌミノル    9着

唯一6着以下から1着になった馬

こちらも軽くまとめます。

 

ブラックエンブレム 1着

鞍上:岩田ジョッキー
重賞:フラワーCで1着
前走は馬券内がほぼ後方一気の馬で占める中、前からの競馬で
展開に恵まれず凡走。そして秋華賞を目標とした完全叩きレースだった。

 

今年まさかまさかのブラックエンブレムと全てが被る馬がいます。

 

ファンディーナ

 

ここで全て結論付ける必要もないので例外的に残したいと思います。

 

それ以外のマイナスデータ該当馬は他好走データでの復活がない限り

印を回す事はありません。

 

確定ではありませんが現時点での結論を出したいと思います。

 

 

ローズSの考察からの好走可能馬

 

ミリッサ

リスグラシュー

ファンディーナ

ラビットラン

カワキタエンカ

 

紫苑Sから見る好走条件

 

こちらは去年より重賞になりますので一概には言えません。

一応オープンからを含めると・・・【2-1-0-42】

しかし去年が【1-1-0-6】となっています。

 

やはり重賞に格上げされたことでレースレベルは間違いなく上がっています。

ここをどうみるか・・ですよね。

今年の紫苑Sからは

カリビアンゴールド
サロニカ
シーズララバイ
ディアドラ
ブラックオニキス
ポールヴァンドル

なのでデータが薄いここから好走されると辛いです。

一応好走馬をまとめておきましょう。

 

去年の紫苑Sからの好走馬まとめ

 

【昨年の好走馬】

ヴィブロス   

パールコード

 

上記2頭しかいませんが共通点は・・・

 

ローズSと同じくやはり同騎乗or鞍上強化という点は必要であると思います。

紫苑Sでの位置取りは4角6番手以下。展開利での前残り馬では厳しい。

前走叩きでの馬体重増減はしっかり秋華賞までにまとめてくる。

例えば絞り切れず太かったり、逆に馬体重が戻っていなかったり。

ローズSと同じく社台、ノーザンファームである事。

位でしょうか。

 

馬体重関係は把握できませんが、ざっくりで該当しているのは2頭

 

現時点での紫苑Sからの好走可能馬

 

ディアドラ

ポールヴァンドル

 

 

元々好走率もあまり高くなく、データも少ない為ここからの選別は無理には行わない

これが正解かと思います。

このローテ組は別角度からのアプローチで選別したいと思います。

同じくOP以下馬もそのようにしたいと思います。

 

 

以上、本日はここまで。

 

競馬最強ブログランキングへ参加することになりました。

もしよろしければ応援クリックをお願い致します。

お付き合い頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です