【AJCC 2018】予想オッズ・過去10年のデータ傾向と好走条件

 

皆さん、こんにちわ、こんばんわ、メルです。

今回はアメリカジョッキークラブカップ2018の予想・考察をやっていきます。

 

まず初めにレース名が長いので以下AJCCと略しますね(笑)

去年は◎タンタアレグリアで的中を収めることが出来ましたが今年は果たして。

連続的中を収めれるように考察していきたいと思います。

 

 

予想オッズ

 

netkeiba.comより

人気 馬名 予想オッズ
1 ミッキースワロー 2.7
2 ゴールドアクター 2.8
3 ダンビュライト 2.9
4 レジェンドセラー 6.5
5 ショウナンバッハ 18.4
6 トーセンビクトリー 24.3
7 マイネルミラノ 64.3
8 ディサイファ 84.0
9 トミケンスラーヴァ 102.0
10 シホウ 173.7
11 マイネルディーン 490.0

 

少頭数の1戦となります。
予想オッズ時点では接戦していますが同舞台のセントライト記念で好走しているミッキースワローが1人気濃厚。
続いてミルコ騎乗でダンビュライト、休み明けゴールドアクターが続くのではないかと思います。

予想オッズを見る限りではショウナンバッハ・レジェンドセラー辺りが相当穴人気しそうな感じですが、正直能力的には1枚落ちる印象しかありません。
しかし2頭の鞍上が絶好調戸崎騎手とルメール騎手ですのでひょっこり好走も大いにあり得るので予想する側からすると嫌ですね。(笑)

 

過去10年の好走馬一覧

 

馬番 馬名 通過順位 上がり
2017 8 タンタアレグリア ⑨⑥③ 35.7(1位)
10 ゼーヴィント ⑩⑩③ 35.7(1位)
1 ミライヘノツバサ ③②② 36.3(6位)
2016 3 ディサイファ ⑦⑥④ 34.9(2位)
11 スーパームーン ⑦⑧⑧ 35.0(5位)
7 ショウナンバッハ ⑪⑫⑨ 34.5(1位)
2015 12 クリールカイザー ①②① 34.4(6位)
14 ミトラ ②②② 34.6(13位)
9 エアソミュール ⑥⑥⑤ 34.9(4位)
2014 10 ヴェルデグリーン ⑩⑩⑥ 35.5(4位)
2 サクラアルディート ⑦⑤② 35.9(9位)
1 フェイムゲーム ⑩⑧⑧ 35.8(7位)
2013 3 ダノンバラード ⑥④② 36.0(1位)
5 トランスワープ ④④④ 36.1(2位)
4 アドマイヤラクティ ⑨④④ 36.4(5位)
2012 3 ルーラーシップ ⑧⑦⑦ 35.6(1位)
4 ナカヤマナイト ⑤④④ 36.4(2位)
9 ゲシュタルト ⑦⑥④ 36.6(3位)
2011 6 トーセンジョーダン ⑤④③ 34.7(3位)
7 ミヤビランベリ ①①① 35.2(9位)
2 ネヴァブション ⑩⑩⑦ 34.4(1位)
2010 9 ネヴァブション ⑤⑤② 34.7(1位)
13 シャドウゲイト ①①① 35.1(2位)
2 トウショウシロッコ ⑦⑦⑥ 35.2(4位)
2009 3 ネヴァブション ③③② 34.4(2位)
6 エアシェイディ ⑥⑥⑥ 35.5(4位)
7 トウショウシロッコ ⑥⑥③ 35.5(4位)
2008 5 エアシェイディ ⑧⑧⑤ 35.4(1位)
11 トウショウナイト ⑧⑤② 35.8(5位)
16 ブラックアルタイル ⑩⑧⑤ 35.5(2位)

 

過去10年の勝ち馬の内8頭が4角5番手以内
また上がり3位以内も8頭となっています。
好位から上位の上がりをマークできる馬が好走傾向にあります。

 

上がり

1位【5-1-2-4】
2位【2-3-1-8】
3位【1-0-1-4】

1~3位【8-4-4-16】

 

4角位置

1番手【1-2-0-7】
5番手以内【8-8-6-32】
7番手以下【1-1-3-69】

 

好走馬の好走条件考察

 

人気

1番人気 【2-1-0-7】
2番人気 【3-2-2-3】
3番人気 【1-1-3-5】
4番人気 【2-0-1-7】
5番人気 【1-1-0-8】
6番人気 【0-1-2-7】
7~9人 【1-3-2-24】
10人以下【0-1-0-51】

1人気馬が過去10年で3頭しか走っていないのが少し気になりますね。
やはり人気に推される注目馬はここは始動戦になることが多くたたきの意味合いが強い事が関係している可能性あり。

今年はミッキースワローですが同様の事が言えますがここの取捨選択は重要です。

 

オッズ帯

1.0~1.9倍【2-0-0-1】
2.0~2.9倍【0-1-0-2】
3.0~3.9倍【0-0-1-4】
4.0~4.9台【0-1-1-3】
5.0~6.9倍【4-2-0-5】
7.0~9.9倍【2-0-4-10】
10.0~14.9倍【2-1-2-9】
15.0~19.9倍【0-0-2-3】
20.0~29.9倍【0-3-0-12】
30.0~49.9倍【0-2-0-13】
50.0~99.9倍【0-0-0-17】
100倍以上【0-0-0-33】
オッズ帯でみると勝ち馬は~15倍までとなっています。

【今年の該当馬】

ミッキースワロー
ゴールドアクター
ダンビュライト
レジェンドセラー

 

 

年齢

4歳【0-2-2-12】
5歳【4-0-3-22】
6歳【3-1-3-30】
7歳上【3-7-2-48】

4歳馬がそれほど活躍していません。
勝ち馬が過去10年で5歳以上からのみ。
一応過去の4歳馬を振り返っておきます。


2017年
ゼーヴィント    1人気 2着
ミライヘノツバサ  3人気 3着

2016年
サトノラーゼン   1人気 10着

2015年
マイネルフロスト  10人気 4着
ショウナンラグーン 5人気 15着

2014年
フェイムゲーム   6人気 3着
レッドレイヴン   1人気 4着
ダービーフィズ   8人気 9着
ケイアイチョウサン 3人気 10着

2012年
ナカヤマナイト   2人気 2着
トーセンレーヴ   3人気 5着

2011年
コスモファントム  2人気 4着
マルカボルト    4人気 6着

2010年
デルフォイ     2人気 6着

2009年
ドットコム     8人気 10着

2008年
メイショウレガーロ 8人気 15着


やはり人気馬もそれほど好走しているわけではない様子。

4歳で3人気以内【0-1-2-6】

1~3人気に絞って複勝率33.3%はやはり微妙・・・。

全体の4歳を除く3人気以内【6-2-4-9】

こちらは複勝率57.1%。4歳馬の凡走傾向がより浮き彫りになるデータですね。

【今年の3人気以内の5歳~馬】

ゴールドアクター

 

所属

美浦【7-8-7-69】
栗東【3-2-3-43】

馬券占有率は関東馬が有利です。
そして関西馬の好走馬は主に上位人気馬が中心。
下位人気の関西馬には厳しいデータとなっています。

【今年の関西馬】

シホウ
ダンビュライト
トーセンビクトリー

 

脚質

逃げ【1-2-0-8】
先行【6-6-3-24】
差し【3-2-6-42】
追込【0-0-0-38】
マクリ【0-0-1-0】

 

4角位置取りでも触れましたが、脚質でみても前目で競馬が出来る馬に好走馬が集中。
差し馬も好走しておりますがこちらもそれなりの好位でなければ届きにくい。

追い込み馬は過去10年馬券になっていません。

【想定追い込み馬】

ショウナンバッハ

 

絶好調の戸崎騎手が乗るのでもしかすると少し前で競馬してくる可能性もあるので一概には消せませんが。

 

1枠【0-1-2-12】
2枠【1-0-2-12】
3枠【4-0-0-11】
4枠【1-1-2-13】
5枠【1-3-2-12】
6枠【3-3-0-14】
7枠【0-1-1-18】
8枠【0-1-1-20】

中枠に好走馬が集中しています。
しかし今回は少頭数。
前回でも書いた通りそれほど重視はしません。

するのは枠配置された馬の枠適正。

 

前走レース

有馬記念【4-2-1-9】
中山金杯【2-2-1-25】
菊花賞【0-0-0-1】
ステイヤーズS【1-0-0-9】
ジャパンC【0-0-1-2】
宝塚記念【0-0-0-1】
中日新聞杯【0-1-1-1】

OP特別【0-2-2-23】
条件戦【0-0-2-18】

 

ここも明日辺りで前走ローテで触れてみたいと思います。

 

前走着順

前走重賞
1着【0-1-0-2】
2着【2-1-2-3】
3着【1-1-2-3】
4着【2-0-0-9】
5着【2-0-0-7】
6~9着【1-2-1-21】
10以下【2-3-1-26】

前走OP特別
1着【0-1-1-2】
2着【0-1-0-2】
3着【0-0-0-2】
4着【0-0-0-3】
5着【0-0-0-0】
6~9着【0-0-1-7】
10以下【0-0-0-7】

前走条件戦
1着【0-0-2-13】
2着【0-0-0-1】
3着【0-0-0-0】
4着【0-0-0-1】
5着【0-0-0-1】
6~9着【0-0-0-1】
10以下【0-0-0-1】

 

前走人気

前走重賞
1番人気【2-1-0-2】
2番人気【2-0-1-1】
3番人気【1-0-0-5】
4番人気【0-1-2-2】
5番人気【0-0-1-6】
6~9人【2-3-0-20】
10人以下【3-3-2-35】

前走OP特別
1番人気【0-1-1-3】
2番人気【0-1-0-1】
3番人気【0-0-0-3】
4番人気【0-0-0-4】
5番人気【0-0-0-1】
6~9人【0-0-1-7】
10人以下【0-0-0-4】

前走条件戦
1番人気【0-0-0-3】
2番人気【0-0-1-0】
3番人気【0-0-0-2】
4番人気【0-0-1-3】
5番人気【0-0-0-1】
6~9人【0-0-0-7】
10人以下【0-0-0-2】

 

まとめ

 

少頭数となった今年のAJCC。
少しデータ破りの可能性も感じています。
能力もですが過去少頭数レースで言えば
2010~2009年と2年続けて今年と同じ11頭立てでのレースとなりましたが
リピーターの好走がとても目立っています。
初頭数であればあるほど立ち回りではなく中山適正がものをいうレースとみていいんではないでしょうか。

 

そういう意味では現時点での注目馬はこの馬しかいないと思います。

下記バナークリック先、当ブログ紹介文に注目馬の馬名記載しておきますので
確認&応援クリックを宜しくお願い致します。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

 

本日はここまで。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 


[最強]ランキング読者会員登録へ

 

読者会員登録して頂くとブログを更新した際にメールが届くようになります。
宜しければ登録お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です