【天皇賞・秋 2017】天皇賞・秋の鉄板軸馬と好走馬とは。最終結論公開

 

皆さん、こんにちわ、こんばんわ、メルです。

 

今年の天皇賞(秋)は菊花賞に続いて重~不良が濃厚です。

リアルスティールなど重実績がない馬には未知数ですよね。

またソウルスターリングについても桜花賞時に調教師・ルメール共に

馬場が合わなかった・・・と発言していることからも割り引いて考えないといけないか。

 

予想の修正が必要になってきますね・・・。

 

ただ、当てるのみ!

 

1週前から自信度は高いレースになりそうと言っていましたが、

馬場悪化でも現時点、その自信は変わっていません。

菊花賞の経験をさっそく予想へ生かしていきたいですし、

借りを返そうと思います。

 

さっそく考察をまとめていきたいと思います。

 

天皇賞・秋の好走条件

 

まず、適正、騎手、前走ローテ等ありますが、

本筋から入ることを忘れてはいけません。

 

5人気以内【9-6-6-29】

勝率  18.0%
連対率 30.0%
複勝率 42.0%

 

【現時点のオッズ】※1:00頃時点

キタサンブラック  3.1
サトノクラウン   4.8
リアルスティール  7.5
ソウルスターリング 7.9
サトノアラジン   12.7

 

ここまでが5人気です。

過去10年連対馬20頭中15頭がこの範囲からなのは忘れてはいけません

 

馬齢
3歳【0-2-2-9】
4歳【4-6-2-30】
5歳【5-2-4-35】
6歳【0-0-2-29】
7歳以上【1-0-0-38】

 

上記5頭は

3歳

ソウルスターリング

4歳

該当なし

5歳

キタサンブラック
サトノクラウン
リアルスティール

6歳

サトノアラジン

 

 

6歳以上での好走馬はわずか3頭

好走馬3頭の共通点は前走1着

 

【今年の6歳以上での前走1着馬】

サクラアンプルール

ネオリアリズム

 

サトノアラジンには厳しいデータです。

 

上記を本筋のデータとして頭に入れつつ次の考察に行きましょう。

 

過去10年のローテ別にみる好走馬選定

 

毎日王冠

【5-4-4-46】

毎年好走馬を漏れずに輩出しています。

先週の菊花賞がそうだったように馬場状況ありますが

ここから好走馬が1頭は出るものと考えています。

 

 

【好走条件】

・5人気以内

・社台 or ノーザンF

 

 

【今年の該当馬】

リアルスティール

サトノアラジン

ソウルスターリング

 

 

 

天皇賞・秋の好走条件でソートすると残るのは1頭

 

 

リアルスティール

 

 

 

ちなみに追加で消しのデータ

 

・社台 or ノーザンF

 

上記に非該当馬過去10年60頭近く出走し好走馬は牝馬のウォッカだけ

複勝率的に見てもとても狙えません。

 

 

【今年の該当馬】

グレーターロンドン

ワンアンドオンリー

 

 

今年上記2頭は

 

1円も買いません。

 

 

 

では次のローテへ。

 

 

宝塚記念

【2-3-1-14】

毎日王冠のように毎年漏れずに好走!とまではいきませんが、
連対率・複勝率が毎日王冠組より高いです。

これは出走頭数の問題ではあるのですが、
G1ですしローテ別での馬の質が高いとみて間違いないと思います。
なので前走負けていてもここで好走出来ている要因だと思います。

しかしただ出てればいいというわけではなく宝塚記念でもそれなりに人気してくるくらいが好走の条件です。まとめます。

 

 

【好走条件】

・前走4角6番手以内

・天皇賞での単勝オッズが2人気以内

・前走3人気以内

・関西馬

・ノーザンF

 

 

過去宝塚記念ローテで好走は上記から最低4つは該当している。

 

【今年の該当馬】

キタサンブラック

サトノクラウン

シャケトラ

 

同じく天皇賞・秋の好走条件でソートすると残るのは2頭

 

キタサンブラック

サトノクラウン

 

 

シャケトラについては現在11人気

大外枠が嫌われてのこの人気であると思います。

しかし過去のこのローテからの好走条件に2人気以内という条件以外すべて該当します

この雨・馬場状態ですし、外有利な状況が出来れば好走もあり得そうです。

出遅れやすい馬でもありますし、最後にゲートインするこの枠は逆にプラスに働く可能性も。

現時点ではこの枠に入ったことで逆にかなりの穴馬ではないかとみています

重めの印を用意したいと考えています。

 

 

 

札幌記念

【2-0-1-11】

ここも薄くはありますが、過去3頭好走馬が出ています。

去年のモーリスがここです。

これは現時点のデータでははっきり好走馬と凡走馬に明暗が分かれる好走条件があります。

 

【好走条件】

・前走1人気

・前走上がり3位以内

 

上記2点で【2-0-1-11】【2-0-1-0】

明暗ばっちりですね。

基本的に札幌記念記念からの好走馬3頭は天皇賞で上がり上位での入選。

G2のここで上位の上がりが使えなければメンツが強くなるG1で上位の上がりは使えない

至ってシンプルだと思います。

【今年の該当馬】

 

該当なし

 

 

今年は厳しいと思います。

穴人気しているヤマカツエースも非該当。

過去全馬凡走している条件に該当してしまっています。

 

 

京都大賞典

【1-0-0-15】

ここは正直取り上げるか迷いましたが勝ち馬が出ていますので一応しておきます。

好走馬はラブリーデイ

【好走条件】

・前走1着

・前走1人気

・前走上がり1位

 

能力が抜けていないと無理ということです。
京都大賞典ローテ15頭で上記に該当しているのはもちろんラブリーデイただ1頭。
今年のミッキーロケットに期待するのはデータからはかなり厳しいです。
例外で好走するかと言われても疑問符が付きます。

現在13人気。
確かに重馬場はプラスにはなりますが変に期待せず、『消し』でいいと思います。

 

 

 

その他ローテ組

 

順番に個別にみていきます。


ネオリアリズム 香港QE2世C 1着

 

この馬に関しては本筋の好走条件でも記載したように
6歳以上での好走条件に該当しています。
過去にここからのローテが1頭しかおらず(エピファネイア)データに乏しい。
また1着ですし、道悪は問題なし・距離もベスト。
気になるのは恐らく次走が目標であることくらい。
好走しても何らおかしくないため抑える必要ありです。

 


ディサイファ  オールカマー  6着

ステファノス  オールカマー  2着

 

ここはローテが一緒なので合わせて書きます。
シンプルです。

前走オールカマー【0-0-0-27】

これだけで消します。
中身掘り下げましたが買える要素が一切ありません。
ステファノスに距離・馬場適正?過去の凡走馬にも余裕であります。
これを狙うのは明らかにリターンよりリスクの方が高いと判断します。

ただ生き物が走っているので絶対はありません。

しかし、もし来ても悔いは全くありません。来年以降も狙いません。
残りの好走馬2頭から的中を目指したいと思います。


カデナ     神戸新聞杯   9着

 

ここからの好走馬は1頭います。
なので可能性0ではありません。
しかし好走条件は厳しく京都大賞典と近い好走条件になります。

・前走1人気

・前走1着

・ダービー馬・NHKマイル1着馬

要は余程強い3歳馬でないと厳しいです。
今年のカデナに当然上記条件はクリアできません。


 

 

以上で考察は全てです。

後は以下の前記事の内容も踏まえて印に変換したいと思います。

 

【天皇賞・秋 2017】騎手データ・距離適性・重馬場実績からの有力馬とは

 

 

天皇賞・秋の予想

 

◎ 最強競馬ブログランキングへ

〇 ネオリアリズム

▲ リアルスティール

☆ シャケトラ

△ キタサンブラック

△ ソウルスターリング

△ サトノアラジン

 

 

※キタサンブラックの△評価は、残り3戦で引退を表明していること。
 勝ちたいのは有馬記念でしょう。
 不良で先週のようなことになれば武豊ジョッキーは絶対無理はしないと思います。
後の2戦に大きく影響しかねませんし、引退後の未来もあります。
私ならオーナーなら無理させません。せこいかな。(笑)
それでいて1人気は・・・と少しケチが付きました。
 

買い目についてはオッズを明日まで確認して慎重に選びたいと思います。
単複は買えるなぁと思います。
しかしシャケトラの存在がある為、一応少しでも買いたいなと思います(笑)

 

 

だいぶ疲弊しましたが、(笑)
とても自信のある予想ができたと思います。
励みとなりますので是非とも渾身の◎馬確認&応援クリック宜しくお願い致します。

 

当たっても外れても後は楽しむのみ!!

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です