【ジャパンカップ 2017】予想公開 内枠・前々の位置取りがキーポイント

 

皆さん、こんにちわ、こんばんわ、メルです。

今回はジャパンカップ2017の予想・最終見解の公開になります。

 

ついにジャパンカップを迎えますね。

土曜京都2歳Sもバッチリ予想することが出来ました!

どうせ回顧で書くのでもうここには書きませんが(笑)

気になる方は以下予想記事を参照下さい。

 

↓以下予想記事↓
【京都2歳S 2017】予想公開 前残りと上がり最速に期待値絶大!

 

この調子を維持してジャパンカップも最高の予想を提供したいと思います。

ちなみに・・・

 

自信度高いです。

 

 

まぁ早速ですがどうぞごゆっくりご覧ください。

 

ジャパンカップの予想

 

◎ 最強競馬ブログランキング

〇 キタサンブラック

▲ レイデオロ

☆ マカヒキ

△ サトノクラウン

△ ソウルスターリング

 

ご面倒をお掛けし大変恐縮ですが本命馬については
下記バナークリック先、当ブログ紹介文に馬名記載しておりますので
そちらよりご確認よろしくお願い致します。

 


最強競馬ブログランキングへ

 

 

 

推薦根拠教えます

 

人気

1人気【3-3-2-2】
2人気【1-1-2-6】
3人気【1-1-0-8】
4人気【3-1-0-6】
5人気【1-1-0-8】
6人気【0-1-3-6】
7~9人気【1-2-1-26】
10人気以下【0-0-2-82】

 

1~5人気【9-7-4-30】

勝率  18.0%
連対率 32.0%
複勝率 40.0%

 

過去10年で勝ち馬10頭中9頭
連対馬20頭中16頭はこのエリアになります。

 

年齢

3歳【2-2-2-24】
4歳【6-3-3-41】
5歳【2-4-3-35】
6歳【0-1-0-24】
7歳以上【0-0-2-20】

 

勝ち馬10頭全馬、
連対馬20頭中19頭
は3~5歳馬

 

 

 

所属

美浦【1-0-2-31】
栗東【9-10-8-68】

 

勝ち馬10頭中9頭、
連対馬20頭中19頭が関西馬

 

 

1枠【2-2-3-13】
2枠【2-0-1-17】
3枠【2-1-2-15】
4枠【1-0-0-19】
5枠【0-3-1-16】
6枠【0-1-0-18】
7枠【1-0-2-23】
8枠【2-3-1-23】

 

内枠が有利ですね、
外の8枠も中々です。

 

 

前走人気

1番人気【6-1-3-17】
2番人気 【1-0-3-8】
3番人気【1-4-0-10】
4番人気【1-1-0-8】
5番人気 【1-0-1-8】
6~9人 【0-2-1-20】
10人以下【0-0-1-25】

 

前走1~5人気【10-6-7-51】

勝率  13.5%
連対率 21.6%
複勝率 31.1%

 

勝ち馬10頭全馬
連対馬20頭中16頭がこのエリア。

 

 

上記5つのファクターには2つの点に注目し抽出しています。
分かりやすく記載していますが。

 

勝率
連対率

 

当然該当馬は重視・注目していきたいですね。
該当馬はなんとただ1頭しかいません。

 

【今年の該当馬】

 

キタサンブラック

 

 

中々つまらない展開ではありますが(笑)

ここで少し例外的に考えている馬が1頭います。

 

1週前ではこの該当馬欄に記載していた馬です。
そう、シュヴァルグランですね。

 

この馬ですが、今回サトノクラウンの鞍上問題で急遽、
M.デムーロ→ボウマンへと乗替りとなりました。

実際に予想オッズ段階は4人気でしたが現在(前日オッズ)6人気・・・。
よって非該当となっていますが、人気落ち過ぎじゃないでしょうか?

恐らく世間は絶好調ジョッキーが選んだのはシュヴァルグランではなくサトノクラウン!!
なのでしょうが、今回に関しては少々オッズに影響しすぎだと思います。
少なくともシュヴァルグランは弱いからサトノクラウンに乗ると言って乗り替わってるわけでは無いので。

また乗替りのボウマン騎手も大変上手なジョッキーですし、枠は1枠1番
この枠であれば正直することは決まっています。
世間が評価を落とすのであれば逆に評価を上げたい1頭(例外)とみます。

 

 

適正注目馬

 

↓以下予想記事↓
【ジャパンカップ 2017】騎手データ・適性別にみる出走馬分析

 

上記からの注目馬

レイデオロ

 

騎手の同コースの複勝率も43.2%と高く、全6戦で負けたのは皐月賞だけ。
他馬との斤量2kg差と、この適性があれば。

 

 

まとめ

 

 

◎ まず距離延長が大幅にプラス。2400m【3-1-2-0】
1枠1番という好枠から騎手が変わろうともすることは同じ。
道中3~5番手を内の位置取りで進みラスト直線で突き抜ける。
天皇賞・春のあのレコード決着の3着馬が6人気。
ミルコの乗替りが世間のオッズを全て狂わせている印象。
普通であれば〇(対抗)評価だが本命で狙ってみたい。

 

〇 キタサンは2番手評価。普通に強く死角も少ない。
ただ唯一の心配がやはり前走。
どうしても宝塚記念の大敗のイメージが抜けない。

 

▲ レイデオロは3番手評価。やはり、関東馬の成績が悪いのが引っ掛かる。
過去の3歳馬の好走はあるが未だ関東馬の3歳馬がいないのがこの位置にいる要因。
しかし、前走、ローテ、枠、騎手、適正面と今回押せる材料が多い。

京阪杯の予想

 

最後にジャパンカップに時間を割きすぎて考察内容を記事にする時間が取れませんでした。。

京阪杯について、予想のみのUPとします。

解説についてはまた回顧にてしたいと思います。

最後までお付き合い頂いた方限定の公開ですね(笑)

 

 

◎ ソルヴェイグ

▲ セイウンコウセイ

▲ フィドゥーシ

▲ ビップライブリー

▲ ヒルノデイバロー

▲ 最強競馬ブログランキング

 

ご面倒をお掛けし大変恐縮ですが▲穴馬については
下記バナークリック先、当ブログ紹介文に馬名記載しておりますので
そちらよりご確認よろしくお願い致します。

 


最強競馬ブログランキングへ
 

【買い目】

◎-▲-総流し 60点

 

ここは積極的に荒れ待ち。
手広く広げて万馬券キャッチの体制です。

 

 

本日はここまで。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

明日は楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です