【ジャパンカップ 2017】予想オッズ・過去10年データの傾向とその好走条件

 

皆さん、こんにちわ、こんばんわ、メルです。

今回はジャパンカップの予想・考察をやっていきましょう!

 

今年で引退することを発表したキタサンブラック

宝塚記念の勝ち馬、また前回の天皇賞・秋で惜しくも2着と惜敗したサトノクラウン

今年のダービー馬であるレイデオロ

昨年のジャパンカップ3着馬であり、前走の京都大賞典は負けて強しのシュヴァルグラン

今年のレベルの高い牝馬の大将格であるソウルスターリング

他にも穴候補も粒ぞろいで一筋縄では行かなそうな今年のジャパンカップ。

 

楽しみでしょうがないですね。

 

更に当てて楽しい週末の夜を迎えたいものです。

 

その為の考察をしっかりやっていきますよ。

 

予想オッズ

 

netkeiba.comより

人気 馬名 予想オッズ
1 キタサンブラック 2.2
2 レイデオロ 3.0
3 サトノクラウン 6.8
4 シュヴァルグラン 9.6
5 ソウルスターリング 11.7
6 マカヒキ 12.7
7 シャケトラ 35.5
8 レインボーライン 35.7
9 サウンズオブアース 45.6
10 アイダホ 55.3
11 ヤマカツエース 77.6
12 トーセンバジル 83.4
13 ギニョール 98.9
14 イキートス 118.0
15 タンタアレグリア 167.2
16 ワンアンドオンリー 340.3
17 ラストインパクト 380.1
18 ブームタイム 562.8
19 ディサイファ 713.8

 

 

過去10年の好走馬一覧

 

馬番 馬名 通過順位 上がり
2016 1 キタサンブラック ①①① 34.7(6位)
12 サウンズオブアース ⑦⑨⑨ 34.5(4位)
17 シュヴァルグラン ⑨⑫⑩ 34.4(2位)
2015 15 ショウナンパンドラ ⑨⑧⑪ 33.9(2位)
6 ラストインパクト ⑫⑧⑪ 33.9(2位)
1 ラブリーデイ ⑥⑥⑤ 34.3(8位)
2014 4 エピファネイア ②③④ 35.0(2位)
1 ジャスタウェイ ⑧⑧⑧ 35.1(4位)
15 スピルバーグ ⑯⑮⑬ 34.8(1位)
2013 7 ジェンティルドンナ ③③④ 33.9(6位)
9 デニムアンドルビー ⑭⑬⑬ 33.2(1位)
5 トーセンジョーダン ②②② 34.1(12位)
2012 15 ジェンティルドンナ ②③⑥ 32.8(2位)
17 オルフェーブル ⑬⑩③ 32.9(4位)
13 ルーラーシップ ⑪⑬⑮ 32.7(1位)
2011 2 ブエナビスタ ⑥⑨⑥ 3.9(1位)
16 トーセンジョーダン ②②③ 34.3(5位)
1 ジャガーメイル ⑧⑫⑨ 34.0(2位)
2010 6 ローズキングダム ⑦⑤⑥ 34.2(6位)
16 ブエナビスタ ⑭⑫⑩ 33.5(1位)
2 ヴィクトワールピサ ②②② 34.4(9位)
2009 5 ウォッカ ③④⑤ 34.8(3位)
10 オウケンブルースリ ⑯⑮⑰ 34.1(1位)
6 レットディザイア ⑩⑪⑪ 34.7(2位)
2008 16 スクリーンヒーロー ⑤⑤⑤ 34.0(2位)
9 ディープスカイ ⑫⑪⑨ 3.8(1位)
4 ウォッカ ③③③ 34.3(7位)
2007 4 アドマイヤムーン ⑤⑥④ 33.9(2位)
2 ポップロック ③④④ 33.9(2位)
10 メイショウサムソン ⑨⑨④ 33.9(2位)

 

 

過去10年の好走馬の好走条件

 

人気

1人気【3-3-2-2】
2人気【1-1-2-6】
3人気【1-1-0-8】
4人気【3-1-0-6】
5人気【1-1-0-8】
6人気【0-1-3-6】
7~9人気【1-2-1-26】
10人気以下【0-0-2-82】

 

1~5人気【9-7-4-30】

勝率  18.0%
連対率 32.0%
複勝率 40.0%

 

過去10年間で2011年と2013年を除く8年は
上記ゾーンから2頭は好走馬が出ている。

さらに勝ち馬も10頭中9頭がこのエリアから。

 

【今年の予想オッズでの1~5人気】

キタサンブラック

レイデオロ

サトノクラウン

シュヴァルグラン

ソウルスターリング

 

現時点でこのエリアの全馬全滅はあり得ない。
勝ち馬もここから出るものと考えておきたい。

 

 

年齢

3歳【2-2-2-24】
4歳【6-3-3-41】
5歳【2-4-3-35】
6歳【0-1-0-24】
7歳以上【0-0-2-20】

 

過去10年の連対馬20頭の内19頭は3~5歳馬

今年の3~5歳馬】(五十音順)

アイダホ
イキートス
キタサンブラック
ギニョール
サトノクラウン
シャケトラ
シュヴァルグラン
ソウルスターリング
タンタアレグリア
トーセンバジル
マカヒキ
ヤマカツエース
レイデオロ
レインボーライン

 

6歳以上【0-1-2-44】

【今年の6歳~】

サウンズオブアース
ディサイファ
ブームタイム
ラストインパクト
ワンアンドオンリー

 

 

性別

牝馬  【5-2-2-16】
牡・セン【5-8-8-128】

 

牡馬の好走歴が悪いわけではないのだが、
それ以上に牝馬の好走率が高い

勝率  20.0%
連対率 28.0%
複勝率 36.0%

だが好走馬9頭の内6頭がウォッカ・ブエナビスタ・ジェンティルドンナによるもの。
牝馬だからと安易に重視するのはあまり良いとはいえないはず。

【今年の牝馬】

ソウルスターリング

 

取捨には細心の注意を払いたいと思います。

 

 

所属

美浦【1-0-2-31】
栗東【9-10-8-68】

 

明らかに関東馬は好走出来ていません。
関西馬からの選定が基本になりますね。

 

【今年の関西馬】(五十音順)

キタサンブラック

サウンズオブアース

シャケトラ

シュヴァルグラン

トーセンバジル

マカヒキ

ヤマカツエース

ラストインパクト

レインボーライン

ワンアンドオンリー

 

 

1枠【2-2-3-13】
2枠【2-0-1-17】
3枠【2-1-2-15】
4枠【1-0-0-19】
5枠【0-3-1-16】
6枠【0-1-0-18】
7枠【1-0-2-23】
8枠【2-3-1-23】

 

過去10年で勝ち馬7頭が内枠。
そこまで重要な要素ではないかもですが一応頭に入れておきたいです。

 

 

前走レース

天皇賞・秋【6-6-7-44】
京都大賞典【1-1-0-11】
アルゼンチン共和国杯【1-0-1-11】
秋華賞【1-0-1-2】

菊花賞【1-0-0-9】
エリザベス女王杯【0-1-0-4】
オールカマー【0-0-0-2】
神戸新聞杯【0-0-0-1】
海外レース【0-2-1-47】
OP・条件戦【0-0-0-7】

 

勝ち馬が輩出されるローテは赤字の5レース。
いつも通りローテ別出馬分析にて掘り下げたいと思います。

ただ主要ローテの天皇賞・秋。
今年は極悪不良馬場での開催でした。
先週のサトノアラジンが12着に凡走した際の鞍上の川田ジョッキーも
『ずっと馬に気持ちが入らないままでした。天皇賞で厳しい馬場
を走った影響かもしれません。』とコメントしています。

使い詰めで宝塚記念でキタサンブラックが凡走したように、馬の調子に影響を与えている可能性は十分にありそう。
あまり気にしない方ですが追切には注目しておく必要があるかもですね。

 

ただ、

 

過去の好走条件に合致しない馬は関係なく切り捨てますけどね(笑)
しっかり選別したいと思います。

 

前走人気

1番人気【6-1-3-17】
2番人気 【1-0-3-8】
3番人気【1-4-0-10】
4番人気【1-1-0-8】
5番人気 【1-0-1-8】
6~9人 【0-2-1-20】
10人以下【0-0-1-25】

 

前走1~5人気【10-6-7-51】

勝率  13.5%
連対率 21.6%
複勝率 31.1%

 

過去10年勝ち馬は全馬このエリアからになります。
であれば捻って考えないのであれば当然ここから本命も選びたいと思います。

【今年の前走1~5人気の馬】

キタサンブラック

サウンズオブアース

サトノクラウン

シュヴァルグラン

ソウルスターリング

タンタアレグリア

レイデオロ

 

 

まとめ

 

今回はいつも通り好走条件を見ていきましたが特に連対以上
に注目してデータをピックアップしていきました。
今年はデータ破りがあるかおとなしくこのデータに収まってくれるか、
1週間を通して分析していきたいと思います。

 

前回エアスピネルを注目馬として挙げたこの考察!

 

最後になりますが、1週前の現時点での好走条件からの注目馬については
ランキングにて発表したいと思います。

いつも大変お手数ではありますが、
下記のバナークリック先、当ブログ紹介文にて馬名記載しておきます。
皆さんの応援クリックをどうぞ宜しくお願い致します。(ランキングがあがります)

 


最強競馬ブログランキングへ

 

本日はここまで。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です