【チャンピオンズカップ 2017】前走ローテ別出走予定馬分析

 

皆さん、こんにちわ、こんばんわ、メルです。

今回はチャンピオンズカップ2017の予想・考察をやっていきます。

 

毎回行う前走ローテ別出走馬分析です。
中京にコースが変わってから3年しか経っていないので若干不安ですが、
今年の結果次第で考えていこうとも思います。
なので特に近3年には注目して選別はしていきますよ。

では、まずローテ別成績からです。

 

前走レース
JBCクラシック【4-4-5-28】
武蔵野S   【2-3-0-26】
みやこS   【2-2-3-27】
JBC・Lクラシック【1-0-0-2】
マイルCS南部杯【1-0-0-4】
シリウスS  【0-0-0-4】
JBCスプリント【0-0-0-7】

 

JBCクラシック・武蔵野S・みやこSの3レースが主要レースです。

 

JBCクラシックからの好走馬の条件とは

 

JBCクラシック【4-4-5-28】

勝率  9.8%
連対率 19.5%
複勝率 31.7%


2016年
サウンドトゥルー
アウォーディー
2015年
サウンドトゥルー
2014年
ホッコータルマエ
2013年
ワンダーアキュート
ホッコータルマエ
2012年
ワンダーアキュート
2011年
トランセンド
2010年
アドマイヤスバル
2008年
メイショウトウコン
ヴァーミリアン
2007年
ヴァーミリアン
サンライズバッカス


上記、好走馬13頭。
2009年以外は毎年好走馬が輩出しています。

 

【今年のJBCクラシック組】

アウォーディー
アポロケンタッキー
ケイティブレイブ
グレンツェント
サウンドトゥルー
ミツバ

 

 

人気

1人気【2-1-2-2】
2人気【1-0-0-4】
3人気【0-1-0-1】
4人気【0-0-0-1】
5人気【0-0-1-2】
6人気【1-1-0-3】
7~9人気【0-1-1-5】
10人気~【0-0-1-10】

 

このローテからのチャンピオンズカップで1人気馬の好走率は高い。

1人気【2-1-2-2】

勝率  28.6%
連対率 42.9%
複勝率 71.4%

 

が、少し気になるのは着外2頭が2015年、2014年と気にしている3年以内で該当
どちらもコパノリッキーなのでこの馬の適正的な問題かもしれないが・・・。
ちなみに2年共に1着入選しており、重馬場開催でした。今年も重馬場開催でしたね。

 

【今年上記に該当する可能性がある馬】

サウンドトゥルー

 

また、

 

1~7人気【4-4-4-13】

 

好走馬のボーダーラインはこのエリアがぎりぎりか。

 

【予想オッズでの今年の該当馬】

 

サウンドトゥルー
ケイティブレイブ
アウォーディー

 

 

騎手

同騎乗【4-4-4-23】
乗替り【0-0-1-5】

 

JBCクラシックからの騎手の乗替りは厳しい。
好走した1頭は1人気で3着。

 

【今年の該当馬】

 

グレンチェント

 

 

前走4角

前走4角5番手以内【3-4-3-22】
前走4角6番手以下【1-0-2-6】

 

全幅の信頼とまではいきませんが
過去の好走馬の占有率は前走4角5番手以内が優勢です。

好走馬13頭中10頭が該当。

【今年の該当馬】

アウォーディー
ケイティブレイブ
グレンツェント
ミツバ

 

 

逆に占有率こそ低いものの3頭の好走馬が出ています。

この前走4角6番手以下からの好走馬3頭共通点は

前走3着以内

 

【今年の該当馬】

サウンドトゥルー

 

現時点でJBCクラシックローテで前走6番手以下からの好走馬は
好走率100%です。注目ですね。

 

 

みやこSからの好走馬の条件とは

 

みやこS   【2-2-3-27】

勝率  5.9%
連対率 11.8%
複勝率 20.6%


2016年
アスカノロマン
2014年
ナムラビクター
2012年
ニホンピロアワーズ
ホッコータルマエ
2011年
ワンダーアキュート
エスポワールシチー
2010年
トランセンド


好走馬は上記、7頭。

 

【今年のみやこS組】

アスカノロマン
キングズガード
テイエムジンソク
モルトベーネ
ローズプリンズダム

 

 

まず、みやこS組には好走馬全頭に該当するファクターがあります。
このファクター非該当馬は早くも今回の考察からは脱落してもらいます。
そのファクターが以下。

 

前走4角3番手以内【2-2-3-10】

勝率  11.8%
連対率 23.5%
複勝率 41.2%

 

【今年の該当馬】

テイエムジンソク

 

 

ちなみに好走馬7頭中6頭は

前走4角2番手以内【2-1-3-5】

勝率  18.2%
連対率 27.3%
複勝率 54.5%

 

テイエムジンソクも該当していますね。

 

ここで好走可能馬1頭、テイエムジンソクで終わっても良いのですが
ここからはテイエムジンソクが他好走要因に該当しているか見ておきましょう。
ちなみに以下考察は上記のファクター(前走4角3番手以内)該当馬で行っています。


年齢

3歳【0-0-1-2】
4歳【1-0-0-3】
5歳【1-2-1-4】
6歳【0-0-1-0】
7歳~【0-0-0-1】

 

連対以上は4~5歳馬

 

 

前走人気

 

1人気【0-0-1-3】
2人気【1-1-1-1】
3人気【1-0-0-2】
4人気【0-1-0-2】
5人気【0-0-1-1】
6~9人気【0-0-0-1】
10人気~【0-0-0-0】

 

連対以上は前走4人気以内

 

 

前走着順

1着【1-0-1-1】
2着【1-0-0-2】
3着【0-1-1-2】
4着【0-1-0-1】
5着【0-0-0-2】
6~9着【0-0-0-1】
10着以下【0-0-1-1】

 

連対以上は前走4着以内

 

前走騎手

同騎乗【2-2-3-6】
乗替り【0-0-0-4】

 

好走馬全頭が前走から連続騎乗


上記が前走データからの主な好走データです。

 

今年のテイエムジンソクは・・・

 

全該当

 

コース適性面、左回り初など不安要素が囁かれているものの
注目したいと思います。

 

 

武蔵野Sからの好走馬の条件とは

 

武蔵野S   【2-3-0-26】

勝率  6.5%
連対率 16.1%
複勝率 16.1%


2015年
ノンコノユメ
2013年
ベルシャザール
2010年
グロリアスノア
2008年
カネヒキリ
2007年
フィールドルージュ


好走馬は上記5頭と出走頭数からは少なめ。

 

【今年の武蔵野S組】

カフジテイク
サンライズソア
サンライズノヴァ
ノンコノユメ
ピオネロ
メイショウウタゲ

 

 

ここでみやこSと同じく好走馬全頭に該当するファクターがあります。
このファクター非該当馬は早くも今回の考察からは脱落してもらいます。
そのファクターが以下。

 

前走4角5番手以下【2-3-0-20】

 

面白いですね。
みやこSとはまるで逆です。

 

【今年の5番手以内】

サンライズソア

 

4角5番手以下が好走という結果から脚質を確認です。

 

脚質

逃げ【0-0-0-2】
先行【0-0-0-4】
差し【2-1-0-11】
追込【0-2-0-9】

 

当然このような結果になりますね。

【逃げ・先行馬(平均脚質)】

サンライズソア
サンライズノヴァ
ピオネロ

【差し・追込馬(平均脚質)】

カフジテイク
ノンコノユメ
メイショウウタゲ

 

前走人気

1人気【1-0-0-5】
2人気【1-1-0-1】
3人気【0-1-0-1】
4人気【0-0-0-2】
5人気【0-0-0-3】
6~9人気【0-1-0-8】
10人気~【0-0-0-6】

1~3人気【2-2-0-7】
4人気~  【0-1-0-19】

 

好走馬5頭中4頭は前走3人気以内

【今年の該当馬】

カフジテイク
サンライズノヴァ

 

 

人気

1人気【0-0-0-0】
2人気【0-0-0-1】
3人気【1-1-0-1】
4人気【1-0-0-3】
5人気【0-0-0-1】
6人気【0-1-0-1】
7~9人気【0-1-0-3】
10人気~【0-0-0-16】

また好走馬5頭3頭が上記該当馬(前走1~3人気)で当日単勝オッズ6人気以内に該当。

 

【今年の該当馬(予想オッズ時点)】

カフジテイク

 

逆に10人気には厳しいデータです。

 

10人気~【0-0-0-16】

 

【今年の該当馬(予想オッズ時点)


サンライズソア
サンライズノヴァ
ピオネロ
メイショウウタゲ

 

これは選定し難いですね。

 

 

主要ローテ3レースからの好走可能馬

 

さて今回もしっかりとローテ毎の分析をしてきました。

冒頭でも書きましたが、中京に変わってからのデータが少ないのが、
少々気にはなりますが、過去10年間・開催場所変更後の過去3年間、
どちらも該当するデータの抽出に気を使いました。

 

ローテ別出走馬分析からの好走可能馬は以下。

 

【JBCクラシックローテ組】

アウォーディー

ケイティブレイブ

サウンドトゥルー

 

【みやこSローテ組】

テイエムジンソク

 

【武蔵野Sローテ組】

カフジテイク

 

 

上記5頭は最終予想で必ず印は回します。

 

最後に上記5頭以外で、ローテ別分析からは非該当でしたが
例外で残しておきたい馬をランキングにて発表したいと思います。

下記バナークリック先、当ブログ紹介文に馬名・理由記載しておきますので
確認&応援クリックを宜しくお願い致します。

 


最強競馬ブログランキングへ

 

 

前走も注目していた馬になります。
前走好走していたら絶対にこの人気はあり得なかったはず。
今年の穴馬にはこの馬がもってこいだと思いますよ。
枠順が気になりますね。

 

本日はここまで。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です