【有馬記念 2017】予想オッズ・過去10年のデータ傾向と好走条件

 

皆さん、こんにちわ、こんばんわ、メルです。

今回は有馬記念2017の予想・考察をやっていきます。

 

今年も遂にこのレースの開催が近づいていますね。
私は今年からブログを開設し予想・見解を執筆するようになりましたが
去年の有馬記念はまだ開設していませんでした。

 

ちなみに去年の結果はというと、◎サトノダイヤモンドと〇キタサンブラックのワイド、馬連、馬単(◎→〇)での3点で的中しました。周りが配当が安い・堅いと嘆いているのを聞きながら大勝しました。

 

 

今年はキタサンブラック、スワーブリチャード、シュヴァルグラン。この辺りが上位で人気してくると思います。
去年こそガチガチの決着となりましたが、今年は穴馬の台頭の余地はあるのか。
1年で一番競馬が盛り上がるレースです。
最高の結果で締めくくりたいですね。(ホープフルSがありますが・・)

 

まずは先週の結果報告から。(先週に引き続き結果報告のみで申し訳ありません・・)

 


【予想】

◎ ステルヴィオ
〇 ダノンプレミアム
▲ ケイアイノーテック
☆ フロンティア
△ タワーオブロンドン
△ ダノンスマッシュ
△ ファストアプローチ

 

【買い目】

 

単勝 ◎ (20%)
枠連 1-5 (40%)
ワイド ◎-▲☆(各20%ずつ)

 

【結果】

1着 〇 ダノンプレミアム

2着 ◎ ステルヴィオ

3着 △ タワーオブロンドン

 

回収率212.0%

 

通算成績【6-4-5-10】

勝率    24.0%
連対率   40.0%
複勝率   60.0%

単勝回収率 139.6%
複勝回収率 103.6%


 

ダノンプレミアムは強かったですね。
あの位置取りから上がり最速ですか・・・。少なからずその可能性はあると見ていましたがいざそのレースを見せつけられると圧巻ですね。
ステルヴィオについてはおおよそ予想通りの展開と上がり。ただダノンプレミアムが強かったです。距離が延びれば更に安定した走りが出来るのではないかと見ています。
タワーオブロンドンは予想より善戦しましたね。距離短縮で鬼となりそうです。
しかし、ハナ差4着の▲ケイアイノーテックには悶絶でした。。3着であればワイドも的中ですので回収率が450%位にはなっていたのですが・・。
そういった意味でタワーオブロンドンが一番印象に残ったレースでした。

 

さて・・・

 

 

では!!本気の本気で考察していきましょう!

 

 

予想オッズ

 

netkeiba.comより

 

人気 馬名 予想オッズ
1 キタサンブラック 2.1
2 スワーヴリチャード 3.7
3 シュヴァルグラン 6.4
4 ミッキークイーン 10.2
5 サトノクラウン 10.4
6 ヤマカツエース 20.4
7 レインボーライン 22.2
8 シャケトラ 22.6
9 ルージュバック 35.6
10 サクラアンプルール 48.8
11 ブレスジャーニー 50.1
12 クイーンズリング 54.0
13 サトノクロニクル 65.4
14 サウンズオブアース 69.4
15 トーセンビクトリー 199.1
16 カレンミロティック 256.2

 

 

過去10年の好走馬一覧

 

馬番 馬名 通過順位 上がり
2016 11 サトノダイヤモンド ③③③ 35.5(3位)
1 キタサンブラック ②②② 35.8(7位)
2 ゴールドアクター ③③③ 35.7(4位)
2015 7 ゴールドアクター ③⑤③ 34.8(4位)
9 サウンズオブアース ③⑤⑥ 34.7(2位)
11 キタサンブラック ①①① 35.1(11位)
2014 4 ジェンティルドンナ ③③② 34.1(8位)
6 トゥザワールド ⑦⑥⑦ 33.8(4位)
14 ゴールドシップ ⑩⑥⑤ 33.9(5位)
2013 6 オルフェーヴル ⑬⑫② 36.0(1位)
4 ウインバリアシオン ⑪⑫④ 37.3(2位)
14 ゴールドシップ ⑪⑧④ 37.8(5位)
2012 13 ゴールドシップ ⑮⑭⑩ 34.9(1位)
6 オーシャンブルー ⑦⑩⑩ 35.3(3位)
9 ルーラーシップ ⑬⑭⑫ 35.2(2位)
2011 9 オルフェーヴル ⑩⑧⑤ 33.3(2位)
5 エイシンフラッシュ ⑤⑥⑤ 33.6(4位)
7 トゥザグローリー ⑦⑩⑧ 33.3(2位)
2010 1 ヴィクトワールピサ ④②② 34.6(8位)
7 ブエナビスタ ⑪⑨⑧ 33.8(1位)
11 トゥザグローリー ③③② 34.4(5位)
2009 9 ドリームジャーニー ⑮⑭⑧ 35.2(1位)
2 ブエナビスタ ⑥④③ 35.8(3位)
6 エアシェイディ ⑯⑮⑫ 35.7(2位)
2008 13 ダイワスカーレット ①①① 36.4(3位)
14 アドマイヤモナーク ⑭⑬⑪ 35.8(1位)
6 エアシェイディ ⑧⑤⑦ 36.4(3位)
2007 3 マツリダゴッホ ③③② 36.3(1位)
7 ダイワスカーレット ②②① 36.6(5位)
4 ダイワメジャー ⑦⑥④ 36.4(3位)

 

言わずもがなですが、有馬記念はリピーターレースです。
今年はキタサンブラックが3年連続で好走できるかが1つ予想のポイントとなります。

後は、過去10年で勝ち馬は10頭中8頭が4角で5番手以内
追込馬でも押し上げていって4角では前目に位置取らなければチャンスは薄い。

 

過去10年のデータ

 

人気

1番人気 【5-2-1-2】
2番人気 【2-1-2-5】
3番人気 【0-0-1-9】
4番人気 【1-1-1-7】
5番人気【0-2-0-8】
6番人気【0-0-1-9】
7~9人 【2-2-1-25
10人以下【0-2-3-58】

 

1~2人気【7-3-3-7】

勝率  35.0%
連対率 50.0%
複勝率 65.0%

 

現時点では上位人気馬の好走率は高いです。

 

 

単勝オッズ帯

1.0~1.9倍 【1-1-0-0】
2.0~2.9倍 【4-1-0-1】
3.0~3.9倍 【0-1-2-1】
4.0~4.9台 【1-0-1-5】
5.0~6.9倍 【0-0-0-4】
7.0~9.9倍 【2-2-2-7】
10.0~14.9倍【0-0-0-14】
15.0~19.9倍【1-1-1-12】
20.0~29.9倍【0-2-0-16】
30.0~49.9倍【0-1-3-16】
50.0~99.9倍【1-1-1-32】
100倍以上  【0-0-0-15】

 

オッズ帯で見ても3倍未満で推される上位人気馬は過去10年でほぼ連対しています。

 

性別

牝馬  【2-3-0-15】
牡・セン【8-7-10-101】

 

 

年齢

3歳【4-3-2-23】
4歳【3-5-2-32】
5歳【3-1-3-34】
6歳【0-0-1-20】
7歳【0-1-1-10】
8歳【0-0-1-4】

 

中心は3~5歳馬。

【今年の6歳以上】

カレンミロティック
サウンズオブアース
サクラアンプルール

 

所属

美浦【2-0-4-32】
栗東【8-10-6-88】
地方【0-0-0-3】

 

関東馬も好走率が低いです。
関西馬から選定したいところです。

 

【今年の関東馬】

サクラアンプルール
サトノクラウン
ルージュバック

 

 

前走

菊花賞【3-1-1-7】
天皇賞・秋【3-0-1-7】
ジャパンカップ【2-5-5-51】
凱旋門【1-0-1-1】
アルゼンチン共和国杯【1-0-0-4】
エリザベス女王杯【0-2-0-9】
金鯱賞【0-2-0-13】
マイルCS【0-0-1-1】
中日新聞杯【0-0-1-0】
ステイヤーズS【0-0-0-12】

 

 

前走着順

1着【4-3-3-23】
2着【2-1-0-13】
3着【1-2-1-13】
4着【1-0-1-11】
5着【0-1-2-6】
6~9着【1-1-0-25】
10着~【1-2-3-31】

 

 

前走人気

1人気【5-4-2-17】
2人気【1-1-2-12】
3人気【0-0-1-13】
4人気【1-0-0-10】
5人気【0-2-1-8】
6~9人気【2-2-2-36】
10人気~【0-1-1-23】

 

 

前走距離

1600m【0-0-1-1】
1800m【0-0-0-7】
2000m【3-2-2-26】
2200m【0-2-0-12】
2400m【3-5-6-54】
2500m【1-0-0-4】
3000m【3-1-1-7】

 

 

間隔

連闘【0-0-0-1】
2週【0-0-1-3】
3週【0-2-0-29】
4週【2-5-5-52】
5~9週【7-3-3-34】
10~25週【1-0-1-2】
半年以上【0-0-0-2】

 

まとめ

 

色々と見てきましたが、いつも通りだとデータ注目馬はキタサンブラック
普通ですがそうなってしまいますし、頑張ってほしいと思います。
ここで記載するという事は1週前時点での注目の馬は他にいます。

 

その理由の一つで、気になっているのはローテーション。

 

天皇賞・春ローテ馬→宝塚記念凡走

天皇賞・秋ローテ馬→JC凡走(キタサンの3着こそあったが)

 

以上のように前走激走後、出走馬がこぞって凡走という経緯からも、
JCローテ馬→有馬記念好走とここだけ普通に走ってくるイメージがどうしても湧きません。

 

シュバルグランに至っては、内有利のトラックバイアスの中での1枠1番。
鞍上変更によるオッズ低下で渾身の◎狙い撃ち。
恐らく有馬で人気するでしょうが買い時は間違いなく前走JCでした。
間違いなく目標は前走でしたし、鞍上の連続騎乗はプラスでしょうが人気して買うのはナンセンス。
今回は印は回してもそれほど重視はしない予定です。

 

では何で狙うか、になっては来ますがズバリ

 

非王道ローテ好走馬

 

しかし、スワーヴリチャードではありません。
M.デム騎乗、さらに前走のインパクトある競馬で人気の一角間違いないでしょうが
どうしてもローテの流れが皐月賞の時と被ります。
あの時も共同新聞杯1着(東京左回り)→皐月賞凡走(中山右回り)
皐月賞ではこの馬を1円も買いませんでした。
理由は今では知れ渡っていますが右回りの適正が絶望的に良くないからです。

それでいて鞍上人気もあるでしょうが今回人気してくると思います。
今回のローテはというと
アルゼンチン1着(東京左回り)→有馬記念??着(中山右回り)

どうですか?上記を見ると一気に買いづらいですよね。
前走の古馬とのレースぶりからも走れても不思議はありませんが
鵜呑みには出来ませんし人気して買うにはリスキー。難しい1頭です。

 

というわけで長い事ダラダラ書きましたが1週前現時点での注目馬については
下記バナークリック先、当ブログ紹介文に馬名記載しておきます。
是非応援クリックを宜しくお願い致します。

 


最強競馬ブログランキングへ

 

 

この馬本来の力が出せれば好走可能。頭での決着もイメージできる。
枠順発表には期待したいと思います。

 

今週は恐らく1週間忙しさが続く為、更新はないかもしれません。
しかし注目のポイントは随時紹介ページ欄に記載したいと考えていますので
チェックしてもらえると幸いです。(予想は必ずUPしようと思っていますが)

また1日1回のバナークリックして頂けると大変うれしく思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

ホープフルSもありますが、正直今年最後の大一番は有馬ですし、一番盛り上がるレースでもある。
去年も獲ったレースですのでしっかり的中させたいところです。

 

本日はここまで。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です