【重賞レース結果・回顧】来年の菊花賞にリベンジを誓う

 

皆さん、こんにちわ、こんばんわ、メルです。

昨日に引き続き菊花賞回顧やっていきます。

 

また最後の方では軽く天皇賞(秋)についても触れたいと思います。

 

菊花賞のレース結果・回顧

 

【予想】

◎ サトノクロニクル
〇 アルアイン
▲ ダンビュライト
☆ キセキ
△ ウインガナドル
△ サトノアーサー
△ ポポカテペトル

 

【買い目】

ワイド ◎〇▲☆-印

3連複 ◎〇▲-印-印

 

【結果】

1着 ☆ キセキ

2着 消 クリンチャー

3着 △ ポポカテペトル

 

回収率 100.8%


以下予想記事

【菊花賞 2017】稀有な状況下でも不動の好走条件で導く!最終結論公開

 

まずは買い目については当ブログでは珍しい買い方をしました。

ほぼ間違いなく荒れるであろうという事を予想の根幹において手広くの一手を打ちました。

結果クリンチャーが抜けており3連複はハズレでしたが。

まぁ予想がダメダメだったので仕方がありません。

では回顧の方やっていきます。

 

土曜と同じで基本的にはデータは間違っていませんでした。

ただ馬場の悪さにデータを信じ切れませんでしたね。

 

前走ローテ神戸新聞杯の馬券占有率の高さ

 

神戸新聞杯

 

【8-6-5-54】

 

【圧倒的データの好走馬の前提条件まとめ】

同騎乗  (18/19)

連対以上は3着以内  (13/14) 

入選可能ボーダーは5着以内  (17/19)

前走勝ち or 負け着差が0.6秒以内  (16/19)

 

【今年好走を許された馬】

 

キセキ     1着

サトノアーサー 11着

ダンビュライト 5着

 

この結果も記事にて書いていました。

 

神戸新聞杯ローテからの好走条件のボーダーライン

 

好走条件は5着以内【8-5-4-22】前走1着 or 0.5秒以内での負け【8-5-3-12】

2着 キセキ       +0.3秒

3着 サトノアーサー   +0.5秒

4着 ダンビュライト   +0.6秒

 

【来年重要視ファクター】

①圧倒的に馬券占有率が高い神戸新聞杯から狙う。

②連対以上は3着以内

③3着入選可能は0.5秒以内(広げて0.6秒)

 

 

上記から、神戸新聞杯で印を重く回すなら、1着の可能性があるキセキでした。。。

 

セントライト記念

 

【1-2-2-40】

馬券占有率が低いです。

 

着順別
前走1着【1-0-1-6】
前走2着【0-1-1-5】
前走3着【0-1-0-8】

1着~3着【1-2-2-19】

 

1着可能性は前走1着のミッキースワロー。

 

しかし、

関東馬【0-0-2-44】

京都・阪神の出走歴なし【1-0-0-12】

上記から軽視。

これはしっかり飛んでくれています。

 

京都・阪神の外回り・1着実績あり【0-2-2-3】

残りの3着以内

アルアイン     京外【0-0-0-1】阪外【2-0-0-0】

サトノクロニクル  京外【2-1-0-0】阪外【0-1-0-0】

 

これはクリアしています。

 

しかし過去好走馬は1・2枠(内枠)8枠(外枠)からのみでした。

アルアイン     8枠

サトノクロニクル  6枠

 

セントウルから重視できるのはアルアインでした。

結果飛びましたが。

 

【来年重要視ファクター】

①馬券内好走必須!?京都・阪神の外回り・1着実績

②最低3着以内、ベストは1着馬

③セントウル記念ローテは枠順を重視

 

 

前走OP以下

 

【1-0-3-48】

 

以下OP戦より好走した馬が全馬該当した条件

前走1着【1-0-3-33】

着差0.1秒以上勝ち【1-0-3-19】

 

残るのは

 

ポポカテペトル

 

ただ1頭でした。これは軽く見すぎましたね。

 

もう少し掘り下げてみました。

前走上記2点をクリアした馬で

 

4角5番手以内 全馬該当

今年のポポカテペトルも該当しています。

 

ちなみに調べてみると今年は非該当でしたが

 

前走上がり3位以内 

 

これも過去好走馬4頭は該当していました。

 

この好走条件は菊花賞にも当てはまるものですね。

 

【来年重要視ファクター】

 

①前走は1着限定

②前走着差0.1秒以上での勝ち

③4角5番手以内 or 上がり3位以内 もしくはその両方

 

 

前走ローテまとめ

 

◎ キセキ     →1着の可能性あり

〇 サトノアーサー →2着までの可能性あり

▲ ダンビュライト →薄いが2着までの可能性あり

〇 アルアイン   →2着までの可能性あり

▲ サトノクロニクル →入選の可能性あり

◎ ポポカテペトル →1着までの可能性あり

 

でした。

 

重要視した4角5番手以内

 

京都・阪神(外)にて5番手以内で好走実績

 

上記6頭もクリアしていました。

 

ちなみにクリンチャーも該当していました。

 

ただクリンチャーだけは買えませんね。

 

今年が例外だったと判断しています。

来年も買わないつもりです。

 

道悪になりすぎて内が死ぬというのは予想できませんでした。

何から何まで過去に類を見ない菊花賞でした。

来年こそはリベンジしたいと思います。


 

昨日も取り上げた天皇賞・秋。

 

もう1頭の注目馬を挙げておきます。

 

この馬⇒最強ブログランキングへ

 

結構注目しています。

現在の予想オッズでは5人気 8.1倍ですか・・・。

かなり盲点になっていると思います。

雨が降ると人気すると思うので降らないでほしいです。(笑)

 

これほどまでに上位人気馬に信頼が置きづらいG1は中々ないですね。

あっ先週あったけどね。(笑)

 

現時点では今年の天皇賞・秋はかなりの勝負レースになりそうです。

明日以降、また頑張っていきたいと思います。

 

本日はここまで。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です