【重賞レース結果・回顧】ファンタジーS・京王杯2歳S・アルゼンチン共和国杯・みやこS

 

皆さん、こんにちわ、こんばんわ、メルです。

今回はファンタジーS・京王杯2歳S・アルゼンチン共和国杯・みやこSの回顧の方やっていきたいと思います。

 

2歳戦の相性がいいことを証明してやる!と前記事冒頭できました。

↓以下記事↓
【アルゼンチン共和国杯 2017】予想オッズ・過去10年のデータとその好走条件

 

示せたのではないでしょうか。

 

私が判断することではないですが、私自身今週の結果は満足しています。

 

・本命馬成績

今週【2-1-1-0】

複勝回収率 167.5%

 

通算成績【3-2-5-4】

勝率    21.4%
連対率   35.7%
複勝率   71.4%

単勝回収率 81.4%
複勝回収率 125.7%

 

ファンタジーSの結果・回顧

 

【予想】

◎ アマルフィコースト
〇 モズスーパーフレア
▲ コーディエライト
☆ ペイシャルアス
△ スズカフェラリー
△ アーデルワイゼ
△ ベルーガ

 

【買い目】

3連複 ◎-〇▲☆-総流し 30点

 

【結果】

1着 △ ベルーガ

2着 ▲ コーディエライト

3着 ◎ アマルフィコースト

 

回収率 87.3%


↓以下予想記事↓


【ファンタジーS 2017】毎年好走馬輩出中のファクターから万馬券を狙ってみる

 

本命馬が若干予想の位置取りより後ろだった為、ヒヤヒヤしました(笑)
4角8番手。上がり3位。
しっかりファクター内で好走馬全頭収まってくれました。

 

前走距離別

1600mからの好走条件

 

・前走上がり3位以内
・前走4角5番手以内

 

【今年の距離短縮組で上記該当馬】

コーディエライト

アマルフィコースト

 

 

ばっちり嵌りましたね。
1600mからの選別は来年も使えそうです。

 

好走条件

 

・4角5番手以内で粘れる先行馬

・4角6番手以下の馬は上がり3位以内必須  

 

 

去年、今年と上がり最速が1着となりましたが、
今回のような前有利レースは変に捻くれずに前に印の重きを。
上がり有力馬は抑えてカバーが的中への近道だと思います。
馬券占有が前が圧倒的で後ろに重い印を打つのはリスクが高いですからね。

また荒れやすいレースでもあり、上位印での2連系も買いづらいので
必ずしも重い印である必要がないので。
1~3着が◎〇▲☆だと格好はつくのですけどね。

 

来年も人気薄前残りを狙って万馬券勝負したいと思います。(笑)
来年は取ってやるゾ。

 

京王杯2歳Sのレース結果・回顧

 

【予想】

◎ カシアス
〇 タイセイプライド
▲ ピースユニヴァース
☆ タワーオブロンドン
△ トーセンアンバー
△ アサクサゲンキ
△ エントシャイデン

 

【買い目】

複勝 ◎     (40%)
馬連 ◎-〇▲☆ (60%)

 

【結果】

1着 ☆ タワーオブロンドン

2着 ◎ カシアス

3着 △ アサクサゲンキ

 

回収率 304.0%


↓以下予想記事↓

【京王杯2歳S 2017】絶対的好走条件から今年の好走馬を狙い撃ち

 

これもドンピシャ嵌ったレースでした。
馬券内好走馬3頭の内、1番の人気薄を本命に出来、連対しました。

4角は3番手となりますが、2番手のアサクサゲンキと内を回ったか外を
回ったかの違いで横並びですので問題ないと思います。
そしてどちらも好走していますので来年も要注目ですね。

 

4角2番手以内【5-2-4-15】

 

共通点は

 

前走の4角位置取り5番手以内  11頭全馬クリア

前走上がり3位以内       9頭クリア →非該当馬は逃げ馬のみ

 

今年の該当馬3頭とその結果が以下。

 

タイセイプライド  8着 4角1番手

好走条件には該当しましたが、休み明けと馬体重+14kg
これが響いたかなと思いました。
ペースも予想通りスローでしたし展開的には残れていいと思います。

 

カシアス      2着 4角3番手

予想通りの位置取り、展開で安心して見ていられました。
勝ったと思っていましたが差されてしまいましたね。
距離はギリギリのような気はします。

 

ピースユニヴァース 4着 4角11番手

テンのスピードがそれほど速く無い事と8枠。
これが後ろからの競馬になったかなと思います。
しかしタワーオブロンドンに引けを取らない抜群の上がりでしたね。
タワーオブロンドンに比べ位置取りが後ろ過ぎましたね。
やはり出来るだけ前目の方が有利に進められるのは事実だと思います。

 

重要視データはそのままでいいと思います。

ルメール&藤沢和雄調教師のコンビ。
成績は【50-24-21-61】で複勝率60.9%

 

今回も1着好走ですし
これは軽く頭に入れておいてよいと思います。

アルゼンチン共和国杯のレース結果・回顧

 

【予想】

◎ スワーヴリチャード
〇 プレストウィック
▲ アルバート
☆ サラトガスピリット
△ セダブリランテス
△ ソールインパクト
△ シホウ

 

【買い目】

ワイド ◎-印 (50%)
馬連  ◎-印 (50%)

 

【結果】

1着 ◎ スワーヴリチャード

2着 △ ソールインパクト

3着 △ セダブリランテス

 

回収率 239.1%


↓以下予想記事↓

【アルゼンチン共和国杯 2017】予想オッズ・過去10年のデータとその好走条件
【アルゼンチン共和国杯 2017】もう一度信じます!3歳馬軸から大激走の穴馬へ

 

最初に・・・

 

3歳馬信じて良かった!

 

1着・3着ですか。

・年齢
3歳【0-0-2-1】
4歳【8-4-4-26】
5歳【0-4-3-42】
6歳【2-2-1-34】
7歳~【0-0-0-31】

4歳以下の勝率・連対率・複勝率がどれを見てもずば抜けています。
反対に7歳以上は過去10年好走なし。

 

【今年の4歳以下】

スワーヴリチャード

セダブリランテス

 

このファクターは来年も最重要視できます。

7歳以上は少しは覚悟していましたがありませんでしたね。

 

今年は7歳以上が8頭出走していましたが、

7歳~【0-0-0-31】

好走馬ゼロです。しっかり1円も買ってなくて良かったです。

 

・荒れやすい傾向にあること
・上位人気アルバートの斤量
・7歳以上の馬券内好走なしの見切り

 

上記3点から印で馬券内を埋めれる自信がありました。

よって

ワイド ◎-印 
馬連  ◎-印 

印総流しで勝負という馬券選択になりました。

 

2着の穴のソールインパクトも週中から推していた馬です。

穴人気が過ぎると思い評価を下げたのは失敗しました。

 

ですが以下。

 

6人気以下【2-1-5-114】

 

6人気以下の好走条件

 1~4枠 (6/8)

 関西馬 (5/8)

C ~10人気 (7/8)

 

【今年の該当馬】

プレストウィック  

ソールインパクト 

 

しっかり該当していました。

 

セダブリランテスについても

3歳馬であり

1~4人気【8-9-5-18】

勝率  20.0%
連対率 42.5%
複勝率 55.0%

 

買わない手はありません。

唯一、関東馬この1点が引っ掛かり評価を下げてしましました・・。

好走条件に2つも該当していたので物ともしませんでしたね。

 

ソールインパクト
セダブリランテス

ともに関東馬で過去からは中々難しいレースでした。

 

美浦【4-3-5-78】複勝率13.3%
栗東【6-7-5-64】複勝率22.0%

 

来年はより精度を上げていきたいと思います。

 

みやこSのレース結果・回顧

 

【予想】

◎ テイエムジンソク
〇 キングズガード
▲ モルトベーネ
☆ エピカリス

 

【買い目】

馬連 ◎-〇▲☆
馬単 ◎-〇▲

 

【結果】

1着 ◎ テイエムジンソク

2着 消 ルールソヴァール

3着 〇 キングズガード

 

回収率 0.0%


↓以下予想記事↓

【みやこS 2017】予想オッズ・過去7年のデータとその好走条件
【みやこS 2017】予想&買い目発表!みやこSは買い方で大きく勝負!

 

これについては

 

本っっっ当に悔しいです(笑)

 

 

まぁ仕方ないですね。

ですが、

8枠【0-0-0-14】
6歳以上【1-0-1-21】

 

上記に該当しながら◎〇で印が入れられたのは良かったです。

 

オッズ低下で完全に狙いに行きましたので悔いはありません。
ただ馬単1着固定も指定して1着入選でしたので格好よく決めたかったです。(笑)

 

 

 

テイエムジンソクは8枠でさらにエピカリスがいましたので2人気でオッズ3.1倍。

これ普通に考えてこれ・・かなりおいしいオッズです。

 

テイエムジンソクはテンのスピードが今回のメンツの中では非常に速いです。
恐らくサルサディオーネの次くらいでしょうか。
なので8枠でも番手くらいにはなれると見ていました。
先行出来れば必ずくると見ていました。なぜなら・・・

 

過去10年の連対馬20頭

全馬 4角4番手以内 もしくは 上がり2位以内

 

重要なのは連対馬20頭全馬という事です。

 

だから買い目の勝負が2連系(馬連・馬単)なのです。

 

上記を頭に入れて印の馬を見ていきましょう。

 

〇 キングズガード  3着

近2走は全て上がり最速
末脚にかける競馬をさせれば今回のメンツでは敵はいない、
今年の上がり最速はこの馬しかいないと思いました。
上がり勝負になればこの馬が能力最上位。
ただ前が止まりませんでしたね。

 

▲ モルトベーネ   5着

この馬は逆に前につけて強い馬。
近走は全て4角5番手以内で競馬しています。
アンタレスSでは先行馬には厳しい展開の中粘りこみ1着
前に行きたい先行馬が多数いましたが、
前での粘りこみ勝負になれば残りやすいのはこの馬。
ですが、出遅れてしまい後ろからの競馬に。
こうなれば流石につらいですね。

 

☆ エピカリス

この馬はそれほどテンのスピードは速い方ではありません。
ヒヤシンスSで2枠2番でありながらアディラート、スターペスマリアに出負けしていますし。
控えてくるのではないかと思っていました。
控える場合は怪しいと踏んでいました。
それでも好走するだけの能力があるのは過去の戦歴からもわかりましたが。
先行出来れば今回の結果から察するに好走していたと思います。
次走今回の負けで人気落ちするようなら買いでいいと思います。

 

 

上記考察のように全レース確認し、好走条件に合うデータを掘り下げつくします。
今回はテンの3Fタイムが速い馬を重視しました。

ルールソヴァールも見ていきましたがテン乗りの幸ジョッキーがこの枠で前に持っていく
とは予想できませんでしたね。せめてもう少し垂れて3着であって欲しかったです。(笑)

 


 

今回は4重賞もあり、回顧が長くなってしまいました。

申し訳ありません。。

4重賞で本命馬推薦4頭

今週【2-1-1-0】

 

単勝回収率 127.5%
複勝回収率 167.5%

満足しています。

 

さて、今週はG1エリザベス女王杯がありますね。

明日以降しっかりまた考察し、いい結果を残していけたらと思います。

 

もしよければ下記バナーの応援クリックを宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

 

本日はここまで。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です